Archive for: 𔃱月 2015’

頭部にあるツボを手で刺激することも

29/01/2015

薄毛について治療を行う際は毛母細胞が分裂できる回数にまだ猶予がある内にやりはじめ、かつ毛母細胞における残りの分裂回数のヘアサイクルそのものを、出来る限り早く自然に戻すことがかなり大事なことでしょう。

地肌の皮脂やホコリなどを万全に除去するという働きや、頭皮に対してダメージを加えるような様々な刺激を低減している等、一般的な育毛シャンプーは頭髪の発育を促進する概念をもとにして作られています。

薄毛の症状が際立って進んでいなくて、長い年月で発毛を行いたいと思っているのであれば、最近話題のプロペシアやミノキシジルなどといった服薬して行う治療のケースでも大丈夫でしょう。

10代の間はもちろんのこと、20及び30代であれど頭の髪は依然として成長している頃ですので、元々ならその歳でハゲになるという現象自体、不自然なことであるといわれております。

実を言えば育毛においては頭部にあるツボを手で刺激することも有効的な方法の一つと言えます。頭のてっぺんにある『百会』、首の後ろ・髪の生え際にある『風池』、首の後ろ側、中央のくぼみの両脇にある『天柱』の三箇所のツボを刺激することで、髪の毛の薄毛、抜け毛を抑制することが可能とされているとのことです。
(さらに…)